イタリアングレーハウンドは特に脚や尻尾が骨折しやすいです。
イタグレの魅力である長く華奢な脚が原因です。
ジャンプが得意で1mは楽に跳びますから、高い所からの飛び降りなどは避けさ せて下さい。
日常の食事にカルシウムを多く含んだドッ グフードやおやつを与えて骨を丈夫にしてあげる事が望ましいですね。
また、元気に尻尾をパタパタと振ってくれるフレンドリーな犬種ですから、柱や壁などに長い尻尾を打ち付けて骨折してしまうケースも見られます。

ペット保険の加入をお勧めします。

実は最近、ペット医療費が高騰しています。
ちょっとした治療でも数万円、入院を含めた手術では10数万円以上。
手間の掛かる手術〜長期治療を伴う疾病では50万円を超える治療費を請求されるケースも少なくありません。
なぜこのように治療費が高価になってしまったのでしょうか?
近年の目覚しい獣医学の発展による治療技術の進歩や、人間と同レベルの診察設備(MRI、CTスキャナ、血液を詳細な数値まで計測できる測定機器等)の導入により、高価な治療費を請求することとなっているようです。
動物病院は人間の病院と違い「健康保険」がありません。
自由診療となり、治療に掛かった金額の全てが飼い主さんに請求されます。
骨折などの比較的簡単な外傷でも10万円を超える治療費が掛かります。
治療費が払えなければ、愛するワンちゃんは亡くなるしかありません。
突然起こる事故や疾病の治療費として、数十万円の治療費が支払えますか?
治療費には分割払いも無ければ、カード払いも受け付けてくれません。
動物病院にその場での支払を待ってもらうとしても数日後には現金で数十万円もの用意をしなくてはなりません。
「命とお金は天秤に掛けることなどできない」と申しますが、実際になければ支払うことなど出来ません。

私たちはワンちゃんの飼い主として、ワンちゃんの命を守ることが義務であり責任をゆだねられています。
ワンちゃんを育てると決意したのならば「ペット保険」の加入を真剣に考えるべきです。
月々わずか¥1,000−ちょっとの掛け金で愛するワンちゃんを救うことが出来るのならば ・・・。
お願いです!
ワンちゃんを愛するのならば、真摯に「ペット保険」を考えてください。

その他、別種のサイトハウンド(視覚獣猟犬)と同様に麻酔とフェノバルビタール(催眠・鎮静、バルビツール酸系抗てんかん剤)に敏感です。
獣医師等では当然十分に承知していることですが細心の注意が必要です。

てんかん・膝蓋骨脱 臼・進行性網膜萎縮症などの病気にも気をつけましょう。
そのための【膝関節検査】や【眼科検査】などを受診させることも大切です。

体調が悪い様子、お水も飲まない、食欲が無い、様子が変・・・。
おしゃべりの出来ない愛犬を守ることは飼い主の義務です。
様子によっては直ぐに動物病院へ連れて行ってください。

必ず、信頼のおける獣医師を見つけましょう。
ワンコはおしゃべりが出来ません。
痛くとも、辛くとも、言葉では伝えられないのです。
怪しいと思ったら直ちに別の獣医師に診断してもらいましょう。
セカンドオピニオンを求めるべきです。
安心してはいけません。
どんな獣医師であろうと「絶対に大丈夫」はありません!
大切な愛犬を守るため信頼できなくなったのなら直ちに病院を変えるべきです。

ワンコには健康保険はありません。
治療費の価格の統一は法律により認められておりません。
獣医師によって全く同じワクチン接種ですら請求金額が違うのです。
1本の注射で5千円でも3万円でも良いのです。
医療行為を行ってから請求されるのです。

イタリアングレーハウンドの冬場のお散歩は洋服(コート)が必須です。
とても寒い日などは室内での運動だけで、お散歩は控えた方が良いでしょう。
お洋服を着せてあげることが良いと思います。
愛犬に洋服を着せることについては好き嫌いがあるようですが、イタリアングレーハウンドには寒さ対策のためにも是非お洋服は必要です。
洋服に記載されているサイズと実際の愛犬とに差がある場合があります。
愛犬と一緒にお洋服をショップへ購入しに行くべきです。

冬季には寒さ対策のために「ペット用アンカ」を購入してあげて下さい。
ホームセンターなどで購入すれば千数百円で販売しているはずです。
人間用と違いペット用には電源ケーブルに鉄が巻いてありケーブルを噛んでも感電事故が起こりません。
実は家庭内での事故で感電はとても多い事故です。
暇つぶしにイタズラでケーブルを噛み感電死してしまうことがありますから十分注意して下さい。

また、夏は熱中症などにかからないよう、涼しい時間帯に外に出してあげましょう。
日中のお散歩は厳禁です。
アスファルトやコンクリートは夏の暑さで焼けています。
あなたは裸足で外を歩けますか?
靴を履かず、文句も言えない愛犬は火傷をしながらお散歩をすることとなってしまいます。

イタリアングレーハウンドは見た目の細さと華奢な感じとは違い意外と頑健で強い体を持っています。
いくつかの注意点さえ守ることが出来るならイタグレとの快適で幸せな生活を楽しむことが出来ます。
イタリアングレーハウンド
 よくある病気・怪我
飼育時の注意
イタリアングレーハウンド
 イタグレ・ブリーダー
   TOPページ
子犬の価格とは
初めて育てる
健康保険
「健康保険」についての詳しいご説明(クリック!)
イタグレ(イタリアングレーハウンド)子犬の専門ブリーダー イタグレ・ファンクラブ:HOME